先日会社の電話を取ると、いつものように営業の電話でした。会社勤めをしている方であれば分かると思いますが、こういった営業の電話はとても多いです。普段であればしばらくお話を聞いて丁重にお断りするのですが、今回ばかりは自分の判断では断れなかったんです。その営業の電話はLED照明に関することでした。

私の会社は大企業なわけでもなく、普通に事務所を構えている中小企業です。当然、未だに事務所は蛍光灯のままになっています。営業電話の話に戻りますが、今なら工事費無料、LED照明代無料というキャンペーンをやっているということだったのです。

自分としてはかなりお得な話だなと思ったので、一度社長に相談してから折り返すということで、その場は電話を切りました。すぐに社長に確認すると社長もまんざらではない様子です。そこで、一度話だけでも聞いてみようということになり、折り返し電話をかけ、説明のために来社して頂くことになりました。当日、若い方1人でやって来ました。既に資料を携えて準備万端のようです。

社長と私の2人で話を聞くことになりました。

こちらの聞きたいポイントは、LED照明にすることでどれだけ電気代が安くなるかということです。それを聞くと、その営業マンは、事務所にある蛍光灯のワット数や本数、1日の使用時間を聞き、どこかに電話をし始めました。数分後、弾き出された数字を見てビックリです。なんと今までの半分の金額になっていたのです。

しかし、当初電話で伝えられた工事費無料というのにはカラクリがありました。

実際には無料ではなく、工事費は毎月分割で支払うが、安くなった電気代との差額を考えれば、実質無料だということでした。なかなかうまい事を考えるものですね。工事費を毎月支払うことを考えても、電気代が安くなれば今までよりも支払う金額は少し安くなります。

それに、テレビなどでこれだけLEDとエコの事を言われると、環境を考えてLED照明に切り替えなければいけない気持ちにもなりますよね。

数日社員全員で協議した結果、LED照明に切り替えることになりました。

今では既にLED照明になっていますが、確かに明るくなった気がします。