無農薬野菜について

無農薬野菜について

今日は、最近よく気にする「無農薬野菜」のことについて書きたいと思います。

出来れば、皆さんも「無農薬の野菜」って食べたいですよね。
でも、スーパーで売っている野菜が本当に無農薬かどうかわからないですよね。私も、今までずっとスーパーで売っている野菜はほとんどが無農薬だと思っていました。

無農薬野菜について
無農薬野菜について

調べてみると、無農薬野菜と言われているのは、一部のオーガニック野菜のみ。「オーガニック」の規定では、野菜でも1~2回は農薬の散布は認められており、純粋な無農薬野菜は、スーパーにはほぼ売っていないんです。私は、自宅に小さな庭があるんですが、「よし、無農薬野菜やってみようか」と一念発起し、自宅の庭に家庭菜園を作り、実際に無農薬野菜を作ってみることにしました。

無農薬野菜は難しい・・・

無農薬野菜といって、ぱっと思いつくのは全く化学肥料や農薬を散布しないことですよね。

しかし、実際に野菜を作ってみると、それがいかに難しいことかよくわかりました。最初の苗の段階で、野菜は雑草に負けてしまうんです。だから放置してしまうと、雑草が生い茂ってしまう。雑草取りが必要なんですが、これが重労働なんですね。野菜つくりのためには、雨の日も風の日も、そして雪の日も雑草を定期的に取らないといけないんですね。

その後も、虫食いがあったり、天候によって成長が遅かったり、実がつかなかったり、色付きが悪かったりして、家庭菜園の初年は、満足した野菜たちの収穫はほとんどゼロでした・・・。次年度からはやむなく、化学肥料と雑草対策と収穫前の虫食い対策として農薬を1回づつ使うようになりました。

農薬は悪者ではない?

私も農薬というと、体の機能や遺伝子を壊すような悪者?と思っていたのですが、どうやらこれは誤解だったようです。
確かに、農薬に含まれる化学物質の中には、人体に悪影響を及ぼす種類もあり、実際に農薬による農業者の事故も起きています。したがって、農薬が人体に悪影響を及ぼす可能性があることは否めません。

では、どうして農家はそんな人体に悪影響を及ぼしうる農薬を使うのでしょうか。

結論を言うと、「農薬の人体への影響は極めて低い」からです。

農薬の人体への影響は、残留農薬という形で計測します。人(動物)が生涯毎日摂取しても健康に影響が出ない量を安全係数100で割り、その数値を一日許容摂取量(ADI)として定めているのです。そのため、現在では、極めて影響が少ない農薬のみが使われているということです。

結論

確かに、農業にとって、無農薬野菜が理想なんですが、家庭菜園をして、農家(農業)の現実を学ぶと、無農薬は、なかなか難しいということがよくわかりました。仮に、無農薬野菜ができたとしても、農家には十分な収入が得られないと思われます。

農薬が善であるとは思えませんが、すべての農薬が悪者であるわけではないんですね。消費者も正しい知識の下で、農薬についてもっと知る機会を得ることが、日本の農業を考えることにもつながると思います。