ロードバイクで出かけるときに注意すること

ロードバイクで出かけるときに注意すること

今、ロードバイクで出かけることを趣味にしている人が増えています。

ロードバイクは普通の自転車と違ってスピードが出ますから乗っているときに疾走感を覚えますし、その気になれば50キロや100キロ、あるいはそれ以上走ることもできます。自転車でそれだけ移動できれば、行動範囲がかなり広がります。

また、通勤通学にロードバイクを使っている人もいますし、日常生活の中に自然となじんできています。そんなロードバイクで出かけるときですが、気をつけなければいけないことがいくつかあります。

ベテランならまだしもブームに乗って最近ロードバイクに乗り始めた人は、ロードバイクで遠出することに慣れていないはずです。ですので、そうしたロードバイクビギナーが気をつけたほうが良いことを、いくつかピックアップしていきます。

まず挙げたいのは、交通ルールを遵守して安全な運転を心がけることです。
ロードバイクはスピードを出すことに特化している自転車ですが、だからといって好き放題スピードを出すのは非常に危険です。特に人通りが多い道路は、いつ歩行者と接触するかわかりません。また、自動車と接触する危険性もあります。交通量のほとんどないようなゆるやかな道路ならスピードを多少は出しても大丈夫ですが、そうでない道路ではスピードを出し過ぎないように注意して運転することが最優先で心がけるべきことです。

また、ロードバイクで遠出するなら準備しておいたほうが良いのはレインウェアです。
乗っている途中に雨が降ってきたら、すぐ対応しないとあっという間にびしょ濡れになってしまいます。特に山へ出かけるときは天気が変わりやすいので、レインウェアで良いので持っておくと安心です。レインウェアを携帯しているのとしていないのとでは急な雨への対応に差が出ますので、できるだけ常備するようにするのが理想的です。

そして、空腹に対応するための補給食を持っていくことも、忘れてはいけません。
今はコンビニがあちこちにありますからそれほどナーバスにならなくて良いのかもしれませんが、それでもロードバイクで遠出する場合はコンビニがどこにもない道を走ることもあるはずです。ロードバイクを長時間で長距離運転すると確実にカロリーを消費しますので、その分の補給をしないとハンガーノック状態になってしまいかねません。ですので、保存がきいて高カロリーな食べ物を持って出かけると万全です。

ロードバイクで出かけるなら、これらのことに気をつけるのが鉄則です。せっかくロードバイクで出かけるのですから、トラブルやアクシデントに巻き込まれないよう注意することが大切です。