私は普段バスをあまり利用しない。だが、久しぶりに実家へ帰ろうと路線バスを利用することにした。車内は人がギュウギュウというほど込んでいるわけではないが、あまりスムーズに前へ行けない程には立っている人が多かった。

席を譲ることに関して
席を譲ることに関して

私も座る場所など無いので立っていたのだが、何個か先のバス停で少し腰の曲がった小柄なおばあさんが乗ってきた。そんな身体で立っているのは大変だなあ、おばあさん。と思いながら立っている立場の自分は何も出来ずにいた。

ふと、おばあさんの目の前の女の子が席を立った。声は掛けていなかったが、おばあさんに譲る気だったのは明らかだった。良かった良かった。と思ったのだが、ゆっくりとおばあさんが座ろうとした隙に壮年の女性が座った。

おばあさんはあっけにとられていた。私も「え?」と思ったのだが、その女性は荒げた低い声でおばあさんに向かって「何よ!?」と言い放った。おばあさんは弱弱しく「いえいえ、別に」とだけ言って立ったままだった。

壮年の女性はその後「はあーっ」とため息をついた後、ブツブツ独り言を言っていたようだ。それを見てイライラが募って何か言おうと思うのだが、いろいろな事が思い浮かんで何も言えなかった。

その後自分の降車するバス停に到着して降りたのだが、モヤモヤが治まらない。最初に立った女の子はおばあさんに声を掛けたわけではない。だから空いた席に誰が座ろうが勝手である。

もしかしたら元気そうに見えた壮年の女性も何か持病等を持っており、立っているのが辛かったのかもしれない。自分が割って何かを言ったら事を荒立ててしまい、ばあさんをさらに困らせてしまうかもしれない。

そんなことばっかり思い浮かんで声を出せないでいた。優先席は優先されるべきであろう人で満席だったのだが、こういった場合どういう声を掛ければよかったのか。ずっと悩んでいる。ただ、ひとつ、自分が今回のことで学んだのは、少し気恥ずかしいが、譲りたい相手に対しキチンと言葉を掛けて譲るべきだなということだ。

私もよく声を掛けずお年寄りを見かけたら立つだけ立っていることが多い。

しかし、あのときの悲しそうなおびえたようなお婆さんの顔が忘れられない。立った相手は自分に譲ってくれたと思った事に対しても恥ずかしかったかもしれない。たった一言声を掛けるということ。コレだけで、今回のことは避けられたかもしれない。今後は「どうぞ」と一言相手に言って立ち上がりたいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*