今世界中で、大気汚染が深刻な問題となっています。

その背景には、車の排気ガスがあります。

世界中で車は必要不可欠な物となっていますが、世界中全ての車をガソリン車から電気自動車や水素自動車、ハイブリッド車などのエコカーに変えれば、大気汚染問題は解決に向かうでしょう。地球の未来を考えるならば、ガソリン車を廃止して、全ての車を自然エネルギーや電気で走れる様なシステムを作り上げて、世界中で義務化すれば、大気汚染問題は解決します。

なかなか難しいのは分かりますが、それほど深刻な問題なのです。

まずは、先駆けて日本で義務化することにより、世界中に影響を与えていくことが出来ると思います。その為には、エコカーの開発を進めて、それに見合ったエコカーのスタンドを日本中に作らなければなりません。

例えば、電気自動車は今どんどん普及されてはいますが、その伸び悩んでいる原因は、電気自動車を充電する所が圧倒的に少ないということです。都会ならばまだ良いですが、少し田舎へ行けば、電気自動車を充電する所など全くなく、電気自動車でその様な場所へ行こうとすら思わなくなります。

まずやるべきことは、エコカー専用のスタンドを日本中に作り上げて、日本中どこにいてもエコカーで移動できる状態を作り上げなければなりません。その設備が整った時に、エコカーを義務化して、大気汚染解決に向かわなければなりません。また、エコカー自体が依然として高いというのも、普及していない理由の1つでしょう。環境にいいのは分かっているけど、ガソリン自動車よりも高いエコカーをわざわざ購入する人は少ないと思います。

仮にエコカーの普及率のほうが高くなれば、ガソリン自動車に乗っていることが恥ずかしくなりますから、そうなればエコカーの普及はもっと今よりも進むはずです。

補助金をもっと多く出すか、技術的な面でも改良を行って、ガソリン自動車と変わらないくらいの価格になればいいですね。

大気汚染は、今や世界中で深刻な問題なので、世界中一人一人の意識が地球の未来を握っているといっても過言ではありません。

大気汚染解決の為にエコカーの義務化を求めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*