今日は環境問題について書きたいと思います。

環境問題と一括りにしても、範囲が膨大過ぎるので1つに絞ります。

本日のテーマは間伐材です。

はい、ピンと来ない人も居ますよね。

間伐材何なのか?

そもそも聞いたことが無いという人も居るでしょう。

間伐材を簡単に説明すると、森の成長を邪魔する樹木を切って木材に加工したものです。森の木を切るなんて、ひどい環境破壊だと思うかもしれません。ですが、これは自然環境を守るために必要な破壊なのです。

まず、森の木は時間と共にどんどん成長して行きます。そうなると、隣同士にある木の枝がぶつかるようになって来るんです。おまけに木の枝が伸びて行くと、地面に太陽の光が当たらないようになってきます。太陽の光が地面に届かないと、背丈の低い植物が育たなくなってしまいますよね。

そこで重要になるのが間伐です。

間伐とは、太陽の光が地面に届くように、邪魔な木を伐採することです。これにより森の生態系を適度に良い環境にしているのです。

そして、この間伐材は様々な製品に活用されています。日常で使う小物や建築に使われることもあります。自然環境を守りつつ、無駄にしないように徹底的に使い切る精神は素晴らしいの一言に尽きます。

また、間伐材を伐採する人員が必要となるため、雇用の創出にも一役買っています。間伐材を中心に経済がグルグルと周り、それが自然環境の維持にも繋がって居るのです。

森の木を切ることが、環境破壊に直結しない場合もあるのだと認識してもらいたいです。もちろん、悪質な業者がただただ木を伐採して森を破壊しているケースは存在します。それは自然に配慮していない無計画なものなので許せません。

しかし、間伐に関しては森の成長を助けるためなので、むしろ積極的に行うべきなのです。そして、悲しくも伐採された木は間伐材として余すことなく有効活用するのが礼儀です。

もし、木の製品や小物を買うなら、間伐材が利用されているかを見てみてください。

間伐材を買うことが、ある種のエコ活動にもなるのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*