「大河の一滴」で有名な作家の五木寛之さんは、若い頃に「青春の門」という小説を書いています。若き日の五木さんの自伝的な小説ですが、その中に売血に関するエピソードが出てきます。売血、血を売る?ところで、売血とは何でしょうか。

戦後、輸血用の血液が不足した際、血液を集めるために二つの種類の組織が活動していました。一つはご存じ日本赤十字で、もう一つは「民間商業血液銀行」と呼ばれる企業です。日本赤十字は、献血で血液をほぼ無料で集めていたのに対し、商業血液銀行は血液を有償で買い取っていました。商業血液銀行が広告などで積極的に営業活動を行ったこともあり、日本赤十字の献血数は激減、逆に商業血液銀行が急成長していました。

当時、貧しい学生であった五木寛之さん、また同時代を生きた多くの若い人たちは、小遣い稼ぎ、また生活費捻出のため商業血液銀行に通い、自分の血液を売ってそれをお金に換えていました。血液を必要な人が買い、足りている人が売る、という資本主義の構図です。

しかしながら、売血により集めた血液の「品質」が低いことがまず問題となりました。血液を売る人は、お金ほしさに頻繁に売血していたため、適切な赤血球濃度に達していない血液が多く流通していました。さらに、売血者のなかには、覚醒剤中毒者もおり、注射針の回しうちで肝炎にかかっている、つまり血液に肝炎のウイルスが含まれているケースもありました。

輸血したら、逆に肝炎にかかってしまうことがあったのです。こうした問題への対策から、政府は売血を禁止し、1966年には売血は終了しています。なお、自宅に帰り、家族に「売血というのが過去にあって輸血は危険な行為だったんだね」という話をしたら、鹿児島に住んでいる家族の遠戚が1960年代に、まさに輸血が原因で亡くなっていました。

身近にこんな話があったとは、驚きました。

いまでは、売血という言葉は聞かれなくなり、献血という言葉に一本化されています。そして血液の品質維持のための検査に、多大な労力が割かれており、安全な輸血用血液を提供するという環境が整っています。

この環境を作るために多くの試行錯誤そして犠牲があったということなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*