その後、レントゲンを撮って分かったのですが(耳鼻科でレントゲンを撮ること自体に驚いたのですが)鼻の横の副鼻腔という袋と、おでこの所にも袋みたいなのがあって、そこに膿が溜まっているということで蓄膿症と診断されました。

蓄膿症は、放置していると顔面がゆがんだりすることもあるらしく怖い病気なのですが、抗生物質をきちんと呑めば治るということで、クスリをもらって帰りました。

しかし、私は花粉症なので、花粉症のシーズンごとに蓄膿症に罹ってしまうのです。花粉症も早めに薬を服用したらいいと言いますが、市販の薬を服用すると、のどが渇いて、眠気もひどいのであまり好きではありません。

耳鼻科の薬が良いかもと思い家の近くの耳鼻科に行くと、先生がこれをしないと治らないと言って、鼻の中に管を通して膿を取ってくれます。終わった後はかなりすっきりしますが、かなりの痛みを伴うので、辛いです。

この治療が嫌で、違う耳鼻科に変えたのですが、こちらの耳鼻科は古くて、かなり変わった(お医者さんは変わった方が多いですが)女医さんで、話が長くて疲れます。なかなか自分に合った病院ってないですよね。

とりあえず、今年こそは花粉症の薬を早くから飲み始めようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*