久しぶりの更新になってしましました。みなさん、こんにちは。

日本語としておかしいかもしれませんが、私はあまり、耳鼻科系が強くありません。小さい時からほとんど熱も出さず、38.5熱があっても母親に幼稚園に行かされて、幼稚園に行ったら熱が下がったりして、健康優良児で、ほとんど病院には行きませんでしたが、耳鼻科にはよく行っていたと思います。

原因は鼻。

祖父が蓄膿で手術したことがあると言っていましたが、遺伝などあるのでしょうか、妹も私も良く耳鼻科に行っていました。今でも花粉症の症状が出たり、風邪をひいたりすると、すぐに鼻が詰まって蓄膿症になります。

自分では全く症状が無かったのですが、ある日鼻が詰まったのを病院にも行かずに放置し、鼻づまりが解消されたと思ったら、世の中の臭いが全くないことにカレーを作った時に気が付いて休日の耳鼻科当番医へ行き、見てもらったらまずは、嗅覚と言うものがだめになっていないか、ニンニク注射をして、体の中から匂いを出してみようと言われ、ニンニク注射を打たれました。ニンニク注射を打ちながら看護士さんが、『1本打っても全く臭いが分からない人もいて、2本目でやっと気づく人もいる』と言われて、2本うたれるのかなぁと思っていたら、鼻の奥の方からニンニクの臭いがしてきたので安心しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*