「自信」といういうのは、「自分を信じる」ということなので、自分を信じられることをやれば自信をつけられるのです。

簡単に自信をつける方法は、毎日同じことを継続するということです。最初はごく小さな行動でいいので、小さな一つの行動を続ければいいのです。

人が最も自信を無くすのが、継続ができないことなのですが、ごく小さな継続ができれば、自信がついてくるのです。ここには行動の大小は関係ないのです。

小さな行動を継続して習慣化させるためには、最低3週間(21日間)は必要です。小さな行動でも習慣化されれば、その習慣化から自信につながっていくのです。

そして習慣化ができるようになったら、その行動を極めるために集中してください。一つのことを徹底的に極めることができれば、自信が自信を強化させてくれるのです。

一人の人が極められることというのは、そう多くはないのです。たった一つだけでも極めることができれば、少なくてもその分野に対しては自信を持つことができるのです。

最初は自己満足でいいのです。他の人がどう思うかはどうでもいいのです。自分の自信をつけれるのは、自分しかいないのです。

他の人が自分に自信を与えてくれることはないので、一つの自己満足から始めて極めることができればいいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*