「マイペース」というと、あまり良い印象はないのですが、人はマイペースでしかできないのです。

たとえ、大きなスキルを求められても、スキルというのは、今すぐどうにかなることではないので、今のスキルでできることしかできないのです。

かといって、マイペースというのはダラダラとやることではないのです。「今の環境で、今できることに最善を尽くす」ということを、マイペースでやるということです。

自分のペースを守れる人というのは、着実に積み上げることができるので、基礎がしっかりとできて、揺るぎない信念も同時につくることができます。

そしてあくまでも自分のペースを守るので、他の人がどうであるかは気にならないので、他の人と比べることはないのです。

自分のペースを他の人に崩されてはいけないのです。これは何をするにしても同じで、自分のスタイルだけはいくら煽られても、「崩さない」という信念を持ってください。

自分のペースを崩されないということは、頼まれたことを断り続けるということではなく、頼まれたことを自分のペースでやるということです。

気持ちの面でマイペースを崩されてはいけないということで、何をするにしても、自分のペースでやっているという感覚が必要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*